昨年末あたりからAdobeStockのコントリビューターになりました。
どういうものかといいますと、AdobeStockというサイトで販売されている写真やイラスト、動画などのデータの提供者になるという事です。要は自分で撮った写真や作ったコンテンツをAdbeStock上で販売できるというものです。誰でもなれるので登録してみました。

しかし、コンテンツ採用には審査があります。私は写真をこれまで、トータル11枚ほど提出したのですが、採用されたのは4枚でした。不採用のものは不採用のフォルダーに移動されます。その際、不採用の理由も一緒に表示されるので、親切です。

不採用理由は主に露出の問題。ノイズ、写真をいじりすぎ、Adobeのクオリティにそぐわない(要するに下手って事?)など、さまざまで、結構厳しいなと思っていますが、採用されるだけでうれしいものがあります。そんな中、さらにうれしい事がありました。

写真が売れたんです。

どんな写真が売れ高というと、これです。(軽くするためにかなり圧縮、透かしも入れいます。UPしたものはもっときれいです)

 

 

なんと、通勤途中で撮った、バスの押しボタン。

お買い上げいただきありがとうございます。しかし、どういうコンテンツに使おうと購入いただいたのかが知りたいところですが(^-^;

こういうパーツ的なものが売れるんでしょうか。ちなみに私に入る「ギャラ」は、178円でした。ともあれ、売れたことはうれしいです。今後も頑張ります。

もしご興味あれば、近々 AdobeStock コントリビューターへの道!をご紹介したいと思います。