中古の MacBookを買って良かった3つの事。

どうしてもmacが欲しい!

私の使っているWindowsパソコンがもう古い。筐体の継ぎ目が割れていて、もうすぐ外れそう。さらに15インチ約2キロの重量を毎日持ち歩くのはもう辛い。 10万円なら何とかなるので、もう買い換えよう!と一大決心しました。そして、

どうせ買い換えるならMacBookがいい!

理由はブログを書くにはMacが一番と評判だし、私は動画の編集もするのですが、iMovieがとっても使いやすそうだし。実は普段、仕事でAdobePremiereを使って編集をしているのですが、プライベートユースではオーバースペック。もっと手軽に編集したい!と思っており、iMovieが一番最適なんじゃないかという思いありました。また、軽さと小ささ。MacBookのこのサイズなら、電車の中でもブログが書けそうだし。

しかし予算は10万円。MacBook Airならば予算内で買えるのですが、Airは最新版が数年前。どうせなら最新機種をと思いまして。しかしMacBookは10万円を余裕で超えてしまいます。

そこで!中古を探してみる事にしました。

 会社帰りに秋葉原のsofmap Mac館に行き、いろいろ物色。たくさんありましたがせめて1年落ちのものにしようと、店員と相談しながら、コレにしました。

MacBook 2016 /IntelCore m3 1.1G / ssd 256G。税込み約95000円。

一世代前の中古とはいえ、現行MacBookのアップルストア価格からすると税込約6万円も安い。


中古なんて今まで買ったことはなく、どんな人が、どんな使い方をしていたのかもわからないような「中古」を買うというのには抵抗があったものの、背に腹は変えられないので、思い切って購入しました。

やっぱりデザインがかっこいい。天板のアップルマークを見せびらかせながら、カフェでブログなんか書いていたら、「なんかこいつ、デキるやつ!」と、勘違いされそうだな!。と思っていたら、ここはやはり中古。キーボードはかなりテカリ、筐体も一部塗装が薄くなっている。さらにキズも随所にあり、かなり使い込んでいる様子。まぁそこは中古なので、仕方ないですね。

かなりの使用感がありましたが、動作は全く問題ありません。バッテリーも結構持ちます。使い方にもよりますが、4時間使って残り60%。単純に8時間は持つと思って良さそうです。筐体にはキズなどありましたが、ディスプレイは綺麗です。前の人はかなりのヘビーユーザーと見ましたが、大切に使っていたようです。(と、自分に言い聞かせる(笑))おいMacBookちゃん。これからは俺が、君のオーナーだ!

中古MacBookにしてよかった3つの事。

予算に余裕ができて、目的のソフトを買えた事。

MacBookにした理由は、どこでもブログ書かれそうな事。その小さく軽いという環境はMacBookを手に入れたことにより実現できます。あとはソフト。先ほども書きましたがMacにはMarsEditというブログを書くには評判のいいソフトがあります。しかしこのソフト、約4000円するソフト。今回の予算は10万円だったので、お釣りで買えました。中古にしてよかったです。

意外に動く!色々なソフト

2017年現在一世代前のMacBookですが、多分動かないだろうと思っていたソフトが意外に動きます。

例えば AdobePremire。

ネット上には「うんともすんとも言わない」と書かれているのを見たので、半ば諦めていましたが、なんと、普通に動きます。読みこく画像形式にもよりますが、AVCHDからXDCAM OP1a MXFまで、ストレスなく再生可能です。しかし、DJIのドローン映像や、XAVCは少し厳しいですね。あと、作業スペースが小さいので、エフェクトを多用する場合などは結構厳しいです。カット編集、ディゾルブなどの簡単なトランジション、スーパーを入れる位なら十分です。完璧とは言えませんが、一応動くという事です。

Photoshopも動きます。

複雑なオートメーションは、時間がかかるでしょうが簡単な補正や合成くらいならばスラスラです。

MicrosoftOfficeもちゃんと動きます。

以前はWindowsとの互換性に若干問題があったそうですが、今は全然問題ないです。OneDriveで共有している仕事の書類も、このMacで編集できます。機密性の低く且つ簡単に直せる書類は、電車の中などの移動中にチョチョイ!と直す事も可能。

付属の趣味ソフトが超楽しい!

中古に限った話ではありませんが、Macにしてよかった事は、MarsEditが使える事の他に、iMovieがとてもいい事。色々な作業工程を要するかっこいいスーパーの出し方も、たくさんのプリセットの中から豊富に選べて一発で出来るし、インターフェースがシンプルで使いやすいです。

さらにGarageBandが面白い。楽器が弾けない、音楽のことなんてわからない私でも、直感だけでなんとなく曲を作れる。楽しいです。初音ミクちゃんの体験版をダウンロードして見ましたが、GarageBandでもちゃんと開けました。

残念なところ。

やはりUSB-Cの端子が1つしかないのは不便な事が多々あります。例えば、Macに内蔵のSSDを節約したいので、写真や動画をSDカードから外付けのHDDに保存したい場合は不便です。まぁ、この場合、HUBを買っておけば全く問題なし。スマホで撮った画像はDropboxを介せばなんの問題もありません。

USキーボードはかなり後悔。これは私のミスです。ちゃんと確認しなかった私が悪いんです。中古で買ったこのMacBookが、なんとUSキーボードでした。USキーボードはやめた方がいいです。「かな」と「英字」の切り替えが、日本語キーボードなら専用のキーがありますが、USキーボードにはありません。control+スペースをいちいち押さなきゃなりません。今どっちになっておるかがたまに分からなくなります。その時は右上を見ればいいのですが、どんどん打ち込みたい場合はいちいち未定られません。頻繁に切り替えるだけに、超不便です。次に買い換える時は(何年後かはわかりませんが)日本語キーボードにします。

総評

早速OSをSierraにアップグレード。最新状態で使っていますが、何の問題もありません。Siriは、iOSと同じなんですかね?。iOSのSiriは結構うまく返してくれるんですが、MacOSのSiriは「すみません。意味がわかりません」が連発されるような気がします。

とは言え、ソフト的には問題ありません。iMovieも、MicrosoftOfficeも問題ありません。Windowsで作ったWordやExcelの書類も何の問題もなく共有できます。onedriveも大丈夫。ブログを書くのに最適なMarsEditを購入して丁度10万円。中古にした事によって、予算内に収まりました。

コメント