複数Simを持つならオススメ!OCNモバイルONE

【特長】1契約で最大5枚のSimまでデータシェアできるので、家族や複数Simを持つ人はお得!

こちらはNTTコミュニケーションズが提供している格安Sim。docomoと同じNTTグループなので安心感があります。ここの特徴は、数百円のsimレンタル料を払えば、1契約で合計5つのSimまで持てる事。simごとに契約料を払わなくていいので、複数のSimを持つ方にはおトクです。

例えば、

  • お父さん→スマホ(音声通話対応Sim)+タブレット(データ専用Sim)
  •  お母さん→スマホ(音声対応Sim)
  •  息子→スマホ(音声対応Sim)+モバイルルーター(データ専用Sim)

パケット通信量20Gのコースを上記5つのSimでシェアする場合、料金は以下のとおり

  1. 20Gコース料金 月額4850円 お父さんの音声対応Sim分はここに含まれています。
  2. 追加の音声対応Simが2枚なので、1100円×2枚=2200円
  3. 追加のデータ専用Sim1枚なので、400円×2枚=800円

5台まとめて合計7850円〜(税抜)です。 Simを5枚持ってこの値段は安いですね!

このように複数のSimを持って分け合う場合はお得です。(契約時に初期費用が別途かかります)

料金が少しわかりにくいところがありますが、端末の保障(有料)もありますので、3大キャリアに近い使い勝手も魅力です。

通信速度も改善!もっと詳しいレビューはこちら。

家族でシェアする方はおトク。ネットワーク増強も頻繁に行い、ユーザーファーストの姿勢にも好感がモテます。OCNモバイルONE

SNSをたくさん使うなら絶対!LINEモバイル

【特長】LINEやFacebookなどのSNSへ投稿し放題!LINE Mobile

LINEモバイルはLINEがが提供する格安Simです。日本ではメジャーのSNS、LINEが提供するMVNOだけに、LINEでトーク、LINEで無料通話がデータ消費ゼロ。契約プランによってはFacebookに投稿。インスタグラムに投稿など、主要なSNSへの投稿がデータ消費ゼロ。つまり、SNSへの投稿は、どれだけ投稿しても契約したデータ通信容量を消費しないので、SNSをよく使い、電話はLINE電話という人には絶対にオススメです。

契約プランは以下の3つのみ。全て音声通話付き。データ専用プランはありません。

  • LINEとLINE電話がデータ消費ゼロになるLINEフリープラン
  • LINE、Facebook、Twitter、Instagramの主要SNSがデータ消費ゼロのコミュニケーションフリープラン
  • 上記SNSと、LINE MUSICのデータ消費がゼロのMUSIC+プラン。
それぞれデータ消費容量毎に料金設定があります。
 SNSって、写真や動画を送ったりするので、頻繁に使う人は知らず知らずのうちにデータを消費している事がをよくありますので、LINEモバイルはオススメです。個人的にはMessengerも対象に入れてくれればもっと嬉しいんですけど。

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

U-Mobile。docomo回線ならパケット制限なしプランあり。唯一Softbank回線も使える

【特長】 パケット使い放題プランがある!。業界唯一Softbank回線が使えるが、データ専用。

多くのMVNO業者はdocomo回線を使っています。そんな中、U-MOBILEをオススメする理由は、他社にはない独自のサービスを提供しています。

それは、通信量無制限プランの存在。LTE使い放題プランが2480円〜(税別)と、とても安いですし、docomo回線のエリアの広さは折紙付き。もう通信容量を気にしなくてもOKです。

もう一つのオススメは、業界唯一SoftBank回線が使える事。2015年のSimロック解除義務化実施前のSoftbank端末を使いたい場合はここ一択です。(Simロックを解除できるかどうかは、携帯電話会社に問い合わせてください)。

しかし注意が必要です。Softbank回線は、データ専用となっています。

データ専用となっているため、iPadやタブレット、モバイルルーター用、データ通信のみのスマホ用とです。電話はできません。(LINE電話やSkypeなどはOKです)

とは言え最近Softbankはエリアが広がっており、auよりも繋がりやすい場合があります。

例えば鹿児島県トカラ列島。種子島から奄美大島の間にある、人口数十人の小さな島が連なるこの場所は、docomoとSoftbankだけがエリアになっており(2017年10月現在)、Softbankのエリアの広さが伺えます。さらに、docomo回線に比べ使っている人が少ないので、実質のスピードがこっちの方が早いと思われます(実験していないのでなんとも言えませんが)

通信量無制限や、Softbankのデータ回線を使いたい人はここ一択です。

一つの会社に2つの魅力。U-mobile

au回線を使いたい人には、Mineo(マイネオ)です。

【特長】 2015年のSimフリー義務化以前のau端末で使いたい人はここ一択。

au回線を使えるのはここマイネオとUQ-MOBILEの2社です。マイネオはau回線の他にdocomo回線も使えます。こちらのオススメポイントは、docomoとauどちらも使えるという事です。

au回線のいいところは、音声通話付きプランがdocomo回線に比べて安い事。データ専用プランには、SNS機能が元から付いているのでお得です。但し、データ専用プランはiPhone ではテザリングができないという謎仕様。

とは言えau回線を使いたい方はmineoいかがでしょうか。
ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】