通勤中に何してる?

〜通勤中や空いた時間に何してますか〜

Category: レビュー

Bluetoothイヤホン2機種を比較。JBLT110BTとエレコムLBT-HPC21。

 iPhoneもイヤホンジャックを無くした事だし、今後はワイヤレスのイヤホンが主流になるかもしれない。

 という事で、実際に購入したBlutetoothイヤホンを2機種を徹底比較。

 あまりお金がないので、安イヤホン。価格は5000円前後。

 JBL T110BT

 ELECOM LBT-HPC21

 一つはオーディオ専門メーカー、JBL製。もう一つはパソコンの周辺機器メーカーELECOM製。メーカーの性格からして、JBLに決まり!と思ってしまいますが、果たしてどうでしょう。比較しました。

バランスの取れた音質、安定感抜群のJBLT110BT。

 泣く子も黙るJBL製です。音の専門メーカー。プロの現場でもJBL製のモニターは大活躍しています。

 JBLT110BTは、そんなJBLのBluetoothイヤホン。しかも最安値。4000円でお釣りが来ます。

IMG 3497

 いくらJBLとは言え、ここまで安いとあまり期待できないかも。

 と、思いつつ、初めてのBluetoothイヤホンという事で、買ってみました。

 「左右一体型」というタイプでは、左右のイヤホンがケーブルでつながっています。ケーブルを首の後に回したり、そのまま前に垂らしたりして装着。オススメは後ろに回す方。たまに引っかかりますが、例えばコンビニに寄ってレジでお会計をする時、片耳を外してお会計。付けたままだと店員さんの声が聞こえなくて失礼ですよね。

少しおとなしいけど、バランス重視の音質

 音質は、少しおとなしい印象。ガンガン鳴らすというより、バランス重視です。かと言って、低音も盛りはすくないですが、しっかりしていますので、低音が欲しい人は、イコライザーで調整しましょう。イコライザーでイヤホンの性格がガラッと変わります。

 繊細な音のニュアンスを感じ取ってじっくり聞くなら話は別ですが、通勤のノイズがたくさんある中で音楽を楽しむならば、全く問題ありません。

 使い方も超簡単

 右側にコントロールのための3つのボタンが付いています。

IMG 3513IMG 3513

 真ん中の丸ボタン長押しで電源ON。電源が入ると、音とLEDで教えてくれます。(写真が傷だらけの理由は、1ヶ月位使用してからレビューを書いているからです。先に撮っておけばよかったです)

 ペアリングは、真ん中の丸ボタンを長押しして電源ONの後、ずっと長押ししているとペアリングモードになります。その時も音とLEDで教えてくれます。

+ボタンと−ボタンは、クリックで音量の上げ下げ、長押しで曲を飛ばしたり戻したりです。

 今までいちいちスマホを取り出して操作していたので、超便利です。

意外にいい!ELECOM LBT-HPC21は、かなりの高音質。

 

IMG 3500

エレコム Bluetooth イヤホン LBT-HPC21

パソコン周辺機器メーカーのイメージが強いELECOM製。音に関してはあまり期待できない印象ですが、

 ところがどっこい

 いい意味で期待を裏切られました。いいです。これ。侮っていました。

 ELECOMさん、すみませんでした。

 人は見かけに寄りません。イヤホンも、メーカーで決めつけてはいけません。

 値段は5000円代。6000円でお釣りが来ます。JBLT110BTよりは高いですが、その分の価値は十分あります。

濃厚な低音、元気な中音。バランスもいい!

 低音は濃厚です。私はイコライザーで低音を下げていますが、低音が好きな人にはどんどん盛って良いと思います。中音域もしっかりしているので、声優さんの可愛い声もキレイに表現されていて好印象。音圧も高く、音楽の世界に浸れます。

 私はJBLよりこちらの方が好きで、最近はこっちしか使っていません。

使い方はJBLと同じ。でも、使いやすのはエレコム。

 使い方はJBLと同じです。Bluetoothイヤホンは使い方を統一しているのだと思います。イヤホンを変えても、使い方は同じです。

 ただ、こっちのほうが使いやすい。理由はボタンの形状。

IMG 3516

  ボタンの形状が見た目にもわかりやすいのはもちろん、見えなくても触った感じで操作できます。耳に装着している時は、コントローラーを直接見ることができないので、触った感じで操作できるこちらのほうが、便利ですね。

 

音質は不利なBluetoothイヤホン。しかし、音質を便利さが超えます!

 音質に関しては、有線よりは劣るBluetoothイヤホン。しかし、便利さではこちらのほうが、かなり上を行きます。

ケーブルから解放される。

 通勤中のイヤホン。有線の場合、ケーブルの取り回しに苦労する事、よくあります。カバンを持ち替えたり、時に満員電車の乗り降りの時に引っかかったり。ワイヤレスだとそこから開放されます。

 まさに自由!!自由です。ケーブルの呪縛から開放されます。

かなり便利!Bluetoothイヤホンでの通話。

 Bluetoothイヤホンに、もれなくついてくる機能。それは、電話の通話。(機種によります)

 電話がかかってきたら、3つボタンの真ん中のボタンを押しましょう。するとそのまま通話ができます。コレが意外と便利で、両手が空いているため、メモも取りやすいし、通話しながらスマホのカレンダーに予定入力も簡単です。

 発信する時もBluetoothイヤホンを選べば大丈夫。写真はiPhone、ELECOMのHPC21の場合ですが、

Iphonehpc21

 このように、選ぶことができます。

しかし、幾つかの欠点も!

 便利なBluetoothイヤホンですが、いくつか欠点があります。

 欠点① 使い終わったら電源OFFにしないといけない

 当たり前の事ですが、使い終わったら電源を切るという作業が発生します。有線のイヤホンに慣れていると、コレを忘れてずっと入りっぱなしになり、いざ使おうと言う時に電池切れで使えず。と、なってしまいますので注意しましょう。

 欠点② 電池切れに注意。

 当たり前といえば当たり前なのですが、バッテリーが切れると使えなくなります。

 有線のイヤホンではこんな事はありませんので、有線に慣れているとついつい忘れがちです。

 因みにJBL T110BTは、カタログ上は4時間となっていますが、体感では3時間程度という感じです。ELECOM LBT-HPC21はカタログ値6時間。こちらも5時間弱という印象。

 帰ったら充電を心がけましょう。

 欠点③ 充電しながら使えない

 電池が切れても、モバイルバッテリーなどで充電しながら使えばいいじゃん!。

 残念ながらこの2機種は、充電しながらでは使えません。充電すると充電モードになり、電源が入りません。残念です。

 欠点④ ソースによっては音割れが

 コレはなぜかわかりませんが、2機種とも、「いきものががり」を再生すると、ボーカルの吉岡さんの声が割れてしまいます。音量を低くしてもダメです。コーデックの問題なのかなんなのかわかりません。また、ものによっては少しですが、低音も割れて聞こえる場合があります。この点は残念です。

 欠点⑤ 音ゲーでは使えない!!

 アイドルマスターシリーズやラブライブ、バンドリ!など、音ゲーでは使い物になりません。

 なぜなら、Bluetooth特有の「遅延」が発生するからです。

 Bluetoothイヤホンは、デバイスから送信された音声デジタルデータを解析、イヤホン側でデジタルからアナログに変換、それをアンプを介して音の波形をイヤホンに伝えます。

 そんな複雑な作業をこの小さなイヤホンでやっているという事は、結構すごいことなんですけど、複雑な作業だけに、遅延が発生します。

 音のタイミングが大事な音ゲーは、遅延は大敵。ゲームをプレイできません。

欠点もあるけど便利Bluetoothイヤホン。普通に音楽を聞いたり映画を見たり、さらには電話の通話にも使えるBluetoothイヤホン。是非使ってみてください。

私のおすすめはエレコム Bluetooth イヤホン LBT-HPC21です。

IMG 3503

もう一つはこれ

JBL T110BT Bluetooth ワイヤレス イヤホン マグネット搭載 マイクリモコン付き ブルートゥース イヤホン ホワイト 【国内正規品/メーカー1年保証付き】 JBLT110BTWHTJN

 

 

中古MacBook12インチ、2016年モデルを買って幸せになれた事。

パソコンは新品で買うものと思っていました。


だって、中古はどんな人がどんな使い方をしたかわからないし、HDDやSSDの稼働状況も気になってしまう。特にSSDには書き込み回数に限度があるという話を聞いたことがあるし。

そんな理由から今まで中古パソコンは絶対買わなかった。

でも、中古にしなければならない理由がありました。



ブログを書くにはMacがいい!しかし…


今使っているノートPCはWindows。Corei7搭載も、15インチ、重さ2kgの重たいノート。5年間持ち歩いていましたが、ネジで留めている部分が割れたり、継ぎ目が割れていたりとかなりガタがきています。

もう買い替えの時期か。10万円ならばなんとかなる。よし、探してみよう。

前回のPCは,動画の編集に重点を置きました。なので、15インチのCorei7のノートにしました。しかし今回のPC選びのポイントは、以下のとおりです。

  • ブログ執筆に最適なPC
  • 常に持ち運べる
  • 思い立った時にいつでもどこでもブログを書ける事。

私はめんどくさがりなので、ブログを書きたいと思ったその瞬間を逃したら、もう書く意欲を無くしてしまいます。

ネットにも本にも、「ブログを書くにはMacがいい」と、皆さん口を揃えて言います。それは、「MarsEdit」というMac専用のアプリの存在。ブログを始めた私は、このアプリが気になって仕方ありませんでした。

MarsEditが使える。小さく軽く、いつでもブログを書ける。この条件を満たすPCは、MacBookのみ!。しかしMacBookを新品で買おうとすると、10万円の予算内には到底収まりません。収めるには中古しかない!と、中古屋さんに行きました。

探して見ると10万円以下は、MacBook early2016 Core m3 1.1G 85000円 この一択。

見るとかなりの使用感。キーボードはテカリ、パームレスト部分もテカっています。筐体にも一部キズがあります。10万円でお釣りが来るとはいえ、かなり使い込まれた感じ。数種類のMacBookはあったものの上位機種で、10万円以内に収まるのはこれしかありません。

安物買いの銭失いになるんじゃなないか?? マジで悩みました。

しかし、エイやっつ!と、思い切って清水寺からダイブしました!!





それでは私の買った中古MacBookをご覧ください。


外観。一部写真の左下部分に塗装が剥げている部分があります。これは中古屋さんのタグが貼ってあった場所。タグを剥がしたらこんな風になりました。タグは貼らないでほしいですね。

Macbookgaikan1

キーボードのテカリ

Keyboad

こうして見ると、かなりテカってますね。実際に見るとそうでもないですが。一番テカる状態で撮影して見ました。

パームレストのテカリ

Palmlest

前のオーナーさんはかなりヘビーに使っていた様子。
でも、液晶は綺麗です。※壁紙は気にしないでください^^;

Ekisyougamen

相当使い込んでいた様子ですが、それは良き相棒だったという証拠。その分大切に使っていたんだと、信じたい。次の相棒は俺だ!よろしくな!MacBookちゃん。

新品はこちらから↓

★ Apple アップル MacBook MNYF2J/A スペースグレイ 12インチ Retinaディスプレイ SSD256GB 1200/12 Intel Core m3 マックブック ノートパソコン MNYF2JA

価格:152,999円
(2017/10/7 15:32時点)
感想(0件)

APPLE Mac ノート MacBook Retinaディスプレイ 1200/12 MNYK2J/A [ゴールド]

価格:141,741円
(2017/10/7 15:33時点)
感想(0件)

APPLE Mac ノート MacBook Retinaディスプレイ 1200/12 MNYH2J/A [シルバー]

価格:148,387円
(2017/10/7 15:34時点)
感想(0件)

購入したMacBookのレビューはこちら。




中古の MacBookを買って良かった3つの事。

どうしてもmacが欲しい!

私の使っているWindowsパソコンがもう古い。筐体の継ぎ目が割れていて、もうすぐ外れそう。さらに15インチ約2キロの重量を毎日持ち歩くのはもう辛い。 10万円なら何とかなるので、もう買い換えよう!と一大決心しました。そして、

どうせ買い換えるならMacBookがいい!

理由はブログを書くにはMacが一番と評判だし、私は動画の編集もするのですが、iMovieがとっても使いやすそうだし。実は普段、仕事でAdobePremiereを使って編集をしているのですが、プライベートユースではオーバースペック。もっと手軽に編集したい!と思っており、iMovieが一番最適なんじゃないかという思いありました。また、軽さと小ささ。MacBookのこのサイズなら、電車の中でもブログが書けそうだし。

しかし予算は10万円。MacBook Airならば予算内で買えるのですが、Airは最新版が数年前。どうせなら最新機種をと思いまして。しかしMacBookは10万円を余裕で超えてしまいます。

そこで!中古を探してみる事にしました。

 会社帰りに秋葉原のsofmap Mac館に行き、いろいろ物色。たくさんありましたがせめて1年落ちのものにしようと、店員と相談しながら、コレにしました。

MacBook 2016 /IntelCore m3 1.1G / ssd 256G。税込み約95000円。

一世代前の中古とはいえ、現行MacBookのアップルストア価格からすると税込約6万円も安い。


中古なんて今まで買ったことはなく、どんな人が、どんな使い方をしていたのかもわからないような「中古」を買うというのには抵抗があったものの、背に腹は変えられないので、思い切って購入しました。

やっぱりデザインがかっこいい。天板のアップルマークを見せびらかせながら、カフェでブログなんか書いていたら、「なんかこいつ、デキるやつ!」と、勘違いされそうだな!。と思っていたら、ここはやはり中古。キーボードはかなりテカリ、筐体も一部塗装が薄くなっている。さらにキズも随所にあり、かなり使い込んでいる様子。まぁそこは中古なので、仕方ないですね。

かなりの使用感がありましたが、動作は全く問題ありません。バッテリーも結構持ちます。使い方にもよりますが、4時間使って残り60%。単純に8時間は持つと思って良さそうです。筐体にはキズなどありましたが、ディスプレイは綺麗です。前の人はかなりのヘビーユーザーと見ましたが、大切に使っていたようです。(と、自分に言い聞かせる(笑))おいMacBookちゃん。これからは俺が、君のオーナーだ!

中古MacBookにしてよかった3つの事。

予算に余裕ができて、目的のソフトを買えた事。

MacBookにした理由は、どこでもブログ書かれそうな事。その小さく軽いという環境はMacBookを手に入れたことにより実現できます。あとはソフト。先ほども書きましたがMacにはMarsEditというブログを書くには評判のいいソフトがあります。しかしこのソフト、約4000円するソフト。今回の予算は10万円だったので、お釣りで買えました。中古にしてよかったです。

意外に動く!色々なソフト

2017年現在一世代前のMacBookですが、多分動かないだろうと思っていたソフトが意外に動きます。

例えば AdobePremire。

ネット上には「うんともすんとも言わない」と書かれているのを見たので、半ば諦めていましたが、なんと、普通に動きます。読みこく画像形式にもよりますが、AVCHDからXDCAM OP1a MXFまで、ストレスなく再生可能です。しかし、DJIのドローン映像や、XAVCは少し厳しいですね。あと、作業スペースが小さいので、エフェクトを多用する場合などは結構厳しいです。カット編集、ディゾルブなどの簡単なトランジション、スーパーを入れる位なら十分です。完璧とは言えませんが、一応動くという事です。

Photoshopも動きます。

複雑なオートメーションは、時間がかかるでしょうが簡単な補正や合成くらいならばスラスラです。

MicrosoftOfficeもちゃんと動きます。

以前はWindowsとの互換性に若干問題があったそうですが、今は全然問題ないです。OneDriveで共有している仕事の書類も、このMacで編集できます。機密性の低く且つ簡単に直せる書類は、電車の中などの移動中にチョチョイ!と直す事も可能。

付属の趣味ソフトが超楽しい!

中古に限った話ではありませんが、Macにしてよかった事は、MarsEditが使える事の他に、iMovieがとてもいい事。色々な作業工程を要するかっこいいスーパーの出し方も、たくさんのプリセットの中から豊富に選べて一発で出来るし、インターフェースがシンプルで使いやすいです。

さらにGarageBandが面白い。楽器が弾けない、音楽のことなんてわからない私でも、直感だけでなんとなく曲を作れる。楽しいです。初音ミクちゃんの体験版をダウンロードして見ましたが、GarageBandでもちゃんと開けました。

残念なところ。

やはりUSB-Cの端子が1つしかないのは不便な事が多々あります。例えば、Macに内蔵のSSDを節約したいので、写真や動画をSDカードから外付けのHDDに保存したい場合は不便です。まぁ、この場合、HUBを買っておけば全く問題なし。スマホで撮った画像はDropboxを介せばなんの問題もありません。

USキーボードはかなり後悔。これは私のミスです。ちゃんと確認しなかった私が悪いんです。中古で買ったこのMacBookが、なんとUSキーボードでした。USキーボードはやめた方がいいです。「かな」と「英字」の切り替えが、日本語キーボードなら専用のキーがありますが、USキーボードにはありません。control+スペースをいちいち押さなきゃなりません。今どっちになっておるかがたまに分からなくなります。その時は右上を見ればいいのですが、どんどん打ち込みたい場合はいちいち未定られません。頻繁に切り替えるだけに、超不便です。次に買い換える時は(何年後かはわかりませんが)日本語キーボードにします。

総評

早速OSをSierraにアップグレード。最新状態で使っていますが、何の問題もありません。Siriは、iOSと同じなんですかね?。iOSのSiriは結構うまく返してくれるんですが、MacOSのSiriは「すみません。意味がわかりません」が連発されるような気がします。

とは言え、ソフト的には問題ありません。iMovieも、MicrosoftOfficeも問題ありません。Windowsで作ったWordやExcelの書類も何の問題もなく共有できます。onedriveも大丈夫。ブログを書くのに最適なMarsEditを購入して丁度10万円。中古にした事によって、予算内に収まりました。