通勤中に何してる?

〜通勤中や空いた時間に何してますか〜

Category: 本

おすすめの社会派漫画、行政関連2作品。もう「お役所仕事」とは言わせない

テーマは児童虐待「ちいさいひと」青葉児童相談所物語。


「ちいさいひと」は、児童虐待をテーマにした漫画です。

主人公の相川健太郎は、新人児童福祉司として、青葉市(架空の都市)の児童相談所に配属された。児童福祉司とは、児童虐待に対して対応を行う専門職だ。

新任で慌ただしく動く健太郎。しかしその裏で進む児童虐待。さらに、新任児童福祉司健太郎には、まだ誰も知らない壮絶な過去があった。それは「サバイバー」。その彼自身の過去からくる独特の「勘」が、二つの命を救った。

この本によると児童虐待にはいくつかの種類があるそうだ。

  • 身体的虐待 殴る、蹴る、おぼれさせるなど
  • 心理的虐待 言葉による脅し、無視、差別、DV
  • ネグレクト 育児放棄

どれも目を覆いたくなるような内容だが、虐待により、6日に一人の命が失われており、虐待は20年前に比べ50倍というのも事実。

時系列で進む物語は、とても臨場感がある。かなりシュールな内容だが、児童虐待という社会問題を、国の制度の問題点を交え、わかりやすく漫画化している。

劇中に出てくる健太郎の上司は、実在の人物がモデルになっているそうです。

 

ちいさいひと
ちいさいひと 全巻はこちら

 

テーマは生活保護 「健康で文化的な最低限の生活」福祉事務所の物語


どこかで聞いたようなフレーズだと思ったら、日本国憲法第25条でした。

福祉保健部生活課に配属された新人職員「義経えみる」。要するに生活保護を担当する部署。

初日にいきなり担当が110世帯であることを知らされ、言葉を失うえみる。その一つ一つにそれぞれの人生がある。

そして初日から「訪問」の洗礼。ちゃんと生活できているか、困っていることはないか実際に訪問して確認するのだ。ここで衝撃のシーンに出会う。

「私たち生活保護のケースワーカー程、一人一人の生活に入り込む公務員はいません」。先輩からノウハウを学ぶえみる。

しかしそんな中、一本の電話が。その後さらに衝撃の出来事が。。。

「自分は何も知らない、何もわかっていない。人生のリアリティといったものが多分何もない。」

「自分の中に確かなものを持ちたい。そう、強く思った。」

初めて目の当たりにするそれぞれの人生に、果たして適切に対処できる一人前のケースワーカーになれるのでしょうか。

先ほど紹介した「ちいさいひと」もこの作品もそうですが、新人から話が始まっています。その職業の説明を物語のなかで自然に説明できるので、その方が読んでいる私たちにもわかりやすいですね。

DMM.com

Amazon4巻セット

こんな奥さんだったら頑張っちゃうね。ツンデレ彼女が可愛すぎ。【お酒は夫婦になってから】

 

お酒好きにはたまらない、キュンとくる漫画作品見つけました。

こんな奥さんだったら、料理作ってあげたくなる。

 

「お酒は夫婦になってから」

 

 会社ではツンツンの上司(主人公)は、部下にも自分にも厳しいキャリアウーマン。飲み会に誘われても絶対行かない。それは、厳しく仕事をしたいから。でもそれは表向きの理由。

 その本当の理由は。。。。お酒がまわると急にデレデレになっちゃうから。

 そんな彼女も夫の前ではお酒を飲んでデレデレ。こんな姿会社の人には見せられない。夫もこんな可愛い奥さんにおつまみを作ってあげたくなる。

こういう夫婦あこがれる。

 会社の人には絶対バレたくないこの姿。でも、絶対好かれるタイプなのに。その駆け引きが胸キュン。

 立ち読みで、まずは是非読んでみて下さい。

 

 

お酒は夫婦になってから

R18指定じゃないのにエロい!。「すんどめ!!ミルキーウエイ」「いけないルナ先生」「やるっきゃ騎士」。ドキドキ止まらない。

 

通勤中に読める面白い漫画はないかな?と探していたら、こんな作品を見つけました。エロ作品といえど、R18指定ではない作品。でも、電車内で読めるかどうかは、あなた次第です(^^♪

b950oshes03074pl

宇宙人と出会って気を失って目を覚ましたら、目の前には美少女のおっぱいが!っていうありえないシチュエーションから始まる作品です。

中身は実際に見ていただくとして、内容的には、 これ、ホントにR18指定にしなくていいの??と心配になるくらい、ドキドキな作品です。すんどめ!!っていう作品名にぴったりです。タイトル通り、ホントに寸前で止まります。この寸止めが、この先の期待感と相まって、想像力を掻き立てられ、エロいです。寸前で宇宙人に戻ってしまいますが、戻る前の美少女が、とってもかわいいし、寸前のタイミングが絶妙です。究極のチラリズム。ドキドキします。 すんどめ!!ミルキーウェイ

スマホで見る時は、覗き見防止フィルム必須です!

 

すんどめ!!ミルキーウエイ

 

そういえば昔、月刊ジャンプにも、これくらいのエロ作品あったなぁー。成人コーナーに置いていない、ドキドキ作品。 そういえば、「いけない!ルナ先生」とか思い出しました。、中学生の時、人目を盗んで月刊ジャンプを書店で買ったものです。懐かしいなぁーと、調べてみると、今も読めるんですね。 いけない!ルナ先生

 

b900dkds01679pl 1巻を読んでみると、これ、ソープじゃん!!

いけない!ルナ先生 いけないルナ先生 もう一つ思い出しました。

「やるっきゃ騎士(ないと)」。これは、寸止めとは違い、絵としては、すべて見せています。ホントに大丈夫??と思える絵ですが、内容的には学園ドタバタエロハプニング的な、軽い内容です。

やるっきゃ騎士 やるっきゃ騎士

 

もう一度あの頃のドキドキを(^^♪

アキラとあきら。一気読み間違いなしの池井戸作品最新作をご紹介。

久しぶりに本屋さんに立ち寄ったら一番目立つところに並ぶ新刊。

 

「アキラとあきら」。池井戸さんの新作。思わず手に取ると、なんとビニールに包まれていて立ち読みができない!。結構厚みのある本。普段本をあまり読まない私ですが、「最速ドラマ化」の文字に惹かれて衝動買いしてしまいました。文庫本にもかかわらず1000円!値段も確認せずにレジに行き、一瞬「高っ!!」と思ったのですが、結論から言いますと、「1000円の価値あり!」いや、それ以上です。こんな分厚い本なのに、1週間で一気読みしてしまいました。

 

アキラとあきらの人生の波乱を、小学生時代から時系列で描いています。時系列構成は、過去にあった出来事や登場人物が後で再び現れた場合、私の場合、「あれ?誰だっけ?」とか、「あれ?なんだったっけ?」とか忘れてしまって読み返す事がしばしばなんですけど、そこは池井戸さん、印象に残るエピソードで忘れにくくしており、加えて過去の出来事を自然な形でもう一度おさらいするように「さらっ」と書いてあり、私のように忘れっぽい人でも安心して読める親切設計でした。

 

また、池井戸作品の醍醐味である、「倍返し」も健在、読み手の私たちは、ストレスがどんどん溜まっていきますが、その後一気にスッキリさせてくれます。池井戸さんの術中にまんまとハマってしまいました。




 

中身を本の外観からご紹介


アキラとあきら、一人一人の子供時代の話から始まります。一人一人十分なページ数が割かれ、読みごたえがあります。

IMG_2449

この辺で一度スカーーーッツとします。↓

IMG_2451

この辺で二人のあきらの凄さに興奮します。↓

IMG_2452

そして直後から最大のストレスが溜まりはじめ、そして溜まり続け、、、、

なかなか発散させてくれません。↓

IMG_2453

そして最終章に近付くにつれ、読み手の感情をどんどん支配され、引き込まれていきます。↓

IMG_2454

そして怒涛の最終章。心の中は最高潮に達し、やっと、やっとスッキリ!、溜まっていただけにスッキリです!↓

IMG_2455

日頃のストレス発散に是非おすすめします。

しかも文庫本です。通勤が楽しみになりますよ。