通勤中に何してる?

〜通勤中や空いた時間に何してますか〜

Category: 都バス

運転が荒く、横柄で態度も悪い!悪評だらけの都バスの運転手、しかし今日は神対応。

 

 悪評しか聞こえてこない「東京都営バス」。先日もその横柄ぶりに腹が立ったばかりだ。

 はっきり言って乗りたくない!でも通勤に必要なので、仕方なく乗っている。

 「運転が荒い!」「クラクション鳴らしすぎ!」「急発進で転げそうになる」「横柄な態度」いつもと変わらぬ都バスクオリティは、もう慣れっこだ。

 しかしそんな中、今回はとてもいい運転手さんに遭遇。

 いつもこんな運転手さんだったらいいのに!

舞台は、都バス、「門33系統」

 夜勤明けの土曜日午前11:00頃、勤務を終えた私は、いつものバス停に向かった。いつもの「海01系統」に乗り、終点の門前仲町で降りた私は、いつもは東西線に乗るのだが、今日は降車場の先にある別のバス停に向かう。次に乗るバスは、「門33系統」。豊海水産埠頭から亀戸間をつなぐ路線。こちらも都バス運営だ。

 悪評の都バスに乗り換えるのもなんだかシャクだったが仕方がない。この日は友人と、亀戸にある有名ホルモン焼き屋さん「ホルモン青木2号店」で肉を食う事になっている。門前仲町から亀戸まで行くには、この路線が一番便利だからだ。

 ホルモン焼激戦区と呼ばれる亀戸。「ホルモン青木2号店」は、その中でもかなりの有名店で、いつも行列ができている。食べログを見ても、評価は3.59と、かなりの高評価の店だ。

 平日は夕方5:00時からだが、嬉しい事に、土日祝日はお昼12:00からやっている。夜勤明けで眠い。しかし、昼間から焼肉とビールだ!。うまいもんが食べられるなら、眠かろうが、悪評の都バスに乗ろうが我慢できる。バス停で亀戸行きのバスを待った。

バス到着!対応に一瞬イラッ!しかし。。。

 この時間はバスの本数が少ない。さらに土曜日とあらば更に少ない。そしていつもの事だが、遅れている。結局15分程待って、ようやくバス到着。

 しかし!運転手はなかなか扉を開けてくれない。新しいなこれ。新しい悪評エピソード!早く開けてよ!

 と思っていたら。スピーカーから運転手のつぶやき

 「やっぱり開かない」

 どうやら扉が開かないようだ。路線バスの乗り降りの方法には色々ある。後ろの扉から乗って、前から降りる。降りる時に運賃を払うパターンと、前から乗って先に運賃を払い、後ろから降りるパターンだ。都バスは前から乗って、運賃は先払いのパターン。

 「あ、すみませんお客さん。前のドアが壊れたので後ろのドアから乗っていただけますか」

 ドアが壊れているなら仕方がない。並んでいる客は皆、本来降り口である後ろの扉からバスに乗る。でも運賃箱は前にあるので、当然の事ながらみんな一旦前まで行き、料金を払う。私もICカードをタッチした後、たまたま前の座席が空いていたので、その席に座った。



本来は運行停止、しかし運転手の機転で運行続行。

 次のバス停も次のバス停も、客は同じように後ろから乗って料金を払いに前へ。誰一人としてズルして運賃をごまかす人はいない、律儀な人ばかり。日本人として誇りだなぁ〜と、思っていると、一人のおじいさんが、運転手に話しかけた。

 「扉が壊れるってそんな事もあるんだねぇ」

 江戸っ子訛りで穏やかに話しかける初老のおじいさん。

 「いやーすみませんねぇ。突然うんともすんとも言わなくなって、何しても治らない。いやー参っちゃったよ。営業所に連絡するとね、運行停止レベルのトラブルだからすぐに帰ってこいと言われたんですが、いやぁ~~走れるのにお客さんを下ろすのもねぇ。しかもこの時間本数少ないでしょ。だからとりあえず終点までは行く事にしたんですよ」

 おそらく50代位の運転手。こちらも話し方が東京訛り。多分下町育ちの江戸っ子。東京にも方言がある。その方言丸出しでしゃべる姿を見て、なんだか親近感が湧いてきたと同時に「運行続行して頂き、有難うございます!」思わず心の中で叫んでしまった。

 運行停止していたら、私はいつ焼肉にありつけただろう。まぁ、私の焼肉なんてどうでもいいのだが、乗客の中には、もっと大切な用事がある人もいただろう。それだけに、運行続行して戻って来いと言われたにも関わらず、お客さんの事を考えて終点までは営業しょうと、自分の判断で決めた運転手さんに感謝。

 悪評ばかりが目立つ都バスにおいて、こんな運転手もいるのだなと、さらに嬉しくなってしまった。

優しい運転手さんに、皆感謝。

 それからバス停をいくつも過ぎる。次第に混雑する車内。しかし乗客は皆、ちゃんと前まで来て運賃を払う。現金、ICカード、定期券。定期券は運転手に見せるだけにもかかわらず、ちゃんと前まで来て運転手に見せている。

 とあるバス停に着いた時、足の不自由なおばあちゃんが、杖をついて乗ってきた。そのおばあちゃんもお金を払うために運転席まで来ようとしていると、

「おばあちゃん、いいですよ。そのまま席にお座りください」と、運転手。

「ありがとねぇ」と、席に座るおばあちゃん。

 都バスでは、東京都に住む70歳以上の方が発行してもらえる「東京都シルバーパス」を見せると、運賃が無料になる制度がある。そのおばあちゃんがこれを持っているかどうかは分からなかったが、杖をつきながら前まで来るのは大変だろうと、運転手はおばあちゃんを気遣い、シルバーパスを持っているという事にして、すぐに席に座らせたのだ。

 そしてバスは終点の亀戸に到着。「本日はご不便をかけ、申し訳ありませんでした」と詫びる運転手。

 ほとんどの乗客が、「ありがとうございました」と運転手に言って、バスを降りていくのだった。

 私も無事に「ホルモン青木2号店」に到着。案の定行列だったが、この「神対応運転手」の話に花が咲いて、待ち時間を感じることなく、いつも以上に旨い焼肉とビールにありつけたのだった。運転手さん、有事うございます。

 

日テレドラマ WILLER TRAVEL

 

「横柄だ」「態度悪い」と悪評の東京都営バス運転手。その瞬間を見た。

東京都交通局が運営する路線バス。略して都バス。運転手の態度の悪さ、サービス精神のなさは有名な話です。以下私が遭遇した出来事。

  • 席に着く前に急発進。転げそうになるくらい運転が荒い。
  • 足の不自由なお年寄りに「早く席についてください」言葉自体は丁寧語だが言い方が威圧的。挙句の果てには「早く席に着かないと運航停止しますよ!」と言って急かす。
  • 大して混雑していないのに「満席ですので次のバスを使ってください」とスルーする(大幅に遅れていたからこれ以上遅れないようにするため)
  • 最初のバス停にもかかわらず遅れてきたくせに「早く乗ってください!早く乗ってください!」と急かす。

都バスに乗っている最中に私が経験した、実際にあった出来事。この中の幾つかは一度だけではなく何度も。特に運転の荒さはほぼ毎日。都バスの運転手の悪評は当たり前で、乗客はみな慣れている。そういった感じです。

しかし、最近乗った都バスの運転手。慣れっこの私でも「それはいくら何でも無しでしょ!」と思う、許せない場面に遭遇しました。

 

遅れに遅れたバス。なのに最悪な対応の運転手。


6月10日午後7時頃、いつものようにバス停でバスを待っていた。私が乗ろうとしているのは「海01」系統。東京テレポートから豊洲を経由して、門前仲町が終点のバス路線だ。

バス停で待つ。接近表示は三つ前のバス停にバスが到着したという表示。そろそろ来るかなと思って待つ。通常なら5、6分で来るのだが、この日はなぜかなかなか来ない。接近表示も3つ前の状態のまま時間が過ぎる。「あれ?特に渋滞しているわけでもないのに」と思っていたが、そのまま待つ。いつもよりもかなり遅れてバス到着。終点まで乗るので一番後ろの席まで歩く。

と、勢いよくバス発車。転げそうになるがそれは日常茶飯事。遅れを取り戻すべく急いでているのだろう。いつものパターン。いつものことなので、気にせず席に座った。

運転が荒い。荒いのはいつもそう。でも、いつも以上だ。路線の序盤ですでに大幅な遅れだから運転手も焦っているのだろう。もしかすと、三つのバス停で何かトラブルがあったかも。とか考えているうちに、乗った場所からから二つ先のバス停に着く。

しかしそこには、すでに別の系統のバスが一台いて、乗客が乗り降りしている。

普通は前に別のバスがいた場合、そのバスの乗り降りが終わり、発車してから次のバスがバス停に近づき扉を開けるのだが、このバスの運転手は、そのまま乗り口の扉を開けた。

そして数秒もしないうちに閉めた。

その時だった。

バス停に並んでいた子連れの女性が閉まろうとする扉に走ってきた。

無理もない。このバス停には別の系統に乗る乗客も一緒に並んでいるし、普通は前にいる別系統のバスが去ってから、次のバスがバス停に近づき扉を開けるのが普通である。にもかかわらず、前に並んでいる別系統のバスの乗客が乗り終わるる前に、後ろに並んでいるこのバスがドアを開け、すぐに閉める。

このバスに乗りたかった子連れの女性は、通常とは違うバスの動きに焦り、走って来るのも、当然の行動だ。

運転手はさすがにその女性に気が付いたようで、扉を開ける。そしてICカードをタップする女性。

しかし、

「キンコーン!」残高不足を示す音

運転手 「残高不足ですよ」

女性  「すみません」

すべてのやりとりは運転手のマイクを通して車内に聞こえてくる。

そんなやりとりの直後、またまた急発進させる運転手。女性はよろけながらも、まずは子供を席に座らせ運転手の近くへ。その時、

運転手 「210円現金で払って!。」

かなり高圧的な言い方の運転手。

女性  「え??」

恐らくICカードにチャージしようと思っていた様子の女性。しかし仕方なくそれに従う。

その後、私の座っている近くまで来て、独り言。

「なに?あの運転手。態度悪い。」

「私もそう思う」。心の中で同意。

「都バスの運転手はそういう人が多いんだよね」。心の中でつぶやく私。しかし、事態はそれだけでは済まなかった。


 

客の抗議に逆切れの運転手。キレ方が尋常じゃなかった。


バスが豊洲のバス停に近づいたとき、それは起こった。先ほどの女性が運転手に抗議したのだ。

バス停に着いた瞬間

女性「あの態度は何なんですか!」

運転席まで行き詰め寄る女性。

運転手「はぁ?あんた走ってきたでしょ!」

と、突然キレた運転手

女性「私はちゃんと並んでいたんです!。なのに前に並んでいた客が乗り終わる前に扉を開けて、すぐ閉めましたよね!」

運転手「でも乗せてやったじゃないか!」

これには私を含め、居合わせた客はみな腹が立ったに違いない。「乗せてやった」とは何事だ!。

「もういいです!」と踵(きびす)を返し、バスを降りる女性。

そのまま発車するバス。やっぱり急発進。この時私の腹の中は、怒りに震えていた。

終点の門前仲町についたら一言言ってやろう。「あれはないでしょ!」と、「だから都バスは評判が悪いんだよ」と。

 

怒っていたのは私だけではなかった!


バスはそのまま終点の門前仲町に着いた。「よし、言ってやるぞ!」と意気込む私。しかし、一番後ろの席だったため、なかなか前に行けない。

その時だった。

私より年上と思われる男性が、降り口を通り過ぎ、運転席の方まで歩いていく。

男性「ちょっとさぁ、あの対応はないでしょ」と男性。

やはり、私以外にも、この事に腹が立っていた人がいたようだ。

運転手はまた逆切れするのかと思いきや、「はい、、、」と、大人しい対応。逆切れするなら応戦しようかと思ったのだが、男性の抗議をしょんぼりしながら聞いている。

後になって自分の対応のマズさに気付いたのか、男性だったから言えないのかどっちかわからないが、そのしょんぼりした姿を見た私は戦意を失くし、バスを後にするのでした。

 教育が悪いのか?もしかすると、職場環境が悪いのかもしれない。もし職場環境が悪いのなら、以前あった、福知山線の大事故みたいな大事故につながるかもしれない。

お客を運ぶという責任を、都バスはもう一度考え直したほうがいいと思う。